北山杉レーシングのブログ

KUCCシクロクロスチーム「北山杉レーシング」のブログです

【GoldenCheetah入門】TSSの手動入力方法

 こんにちは.FTPが上がって調子に乗っている笛木16です.

 唐突ですが,GoldenCheetahの使い方記事を書きます.

 内容はずばり「任意のTSSを自分で入力するには?」です.

 私は主にシクロ(パワメ有)とMTB(パワメ無)に乗っていて,後者でトレイルに行ったりするとなかなか疲れが貯まります.頻度も多く,そのTSBに与える影響は無視するには小さすぎるのです.
 ということでせめてシクロで同じ峠を登ったときのTSSを入力できないか?と調べてみたところ,日本語の情報はおろか英語でも見つからず.
 結局自分でソフトをいじって解決したのですが,これはTSSの囚人のみなさま向けにまとめておこうという今回の記事です.

超初心者向けの前置き~GoldenCheetahって?PMCって?~

※知ってる人は次のセクションにワープしてください.

 GoldenCheetahとは,パワーメーターのデータを解析するソフトです.TrainingpeaksやStravaと違い,無料で使えるのがいいところ.お試し版のような中途半端な解析機能ではなく,使いこなせばおそらく何でもできます.
 一方で,使いやすさはまずまずといったところ,トリセツがあるわけでも充実したFAQがあるわけでもなく,すべての機能を使いこなせている方は少ないのではないでしょうか.偉そうに記事なんぞ書いている私も,PMCとCP図の描画以外の機能は正直使いこなせていません.

 さて,今回の記事の目的は,PMC描画によるTSBの管理です.つまり,疲れ度合いをパワーデータを用いて数値化し,オーバートレーニングを防止することです(TSBの使い方は人それぞれだと思いますが,私はそんな使い方をしています).このへんの説明は他の記事に譲ります.

TSS入力方法

 というわけで本題に移りますが,簡単すぎて記事にするまでもない(から見つからなかった)ような手順です.文字で書くと

Activities>該当アクティビティ選択>Details>Metric

で,「BikeStress」の項目に✓を入れます.すると横に入力BOXが発生するので,そちらに入力.はい完了.BikescoreTMが何を意味しているのかよくわからないのですが,パワーメーターをつけた場合を参考に,ひとまずBikeStressと同じ値を入れています.意味を知ってる人はこっそり教えてください.

f:id:Kitayamasugi-Racing:20210319150853p:plain

 こんな簡単なのに,なんで気づかなかったんでしょう.過去のアクティビティ全部をこうやって編集した結果,TSBの値と自分の感覚がより一致するようになったように感じます.TSBはアテにならんわという方も,試してみる価値はあるかもしれません.