北山杉レーシングのブログ

KUCCシクロクロスチーム「北山杉レーシング」のブログです

関西シクロクロス 第5戦 マイアミ浜 C2

初めまして,18年入学の岡野です.

初めてのレースレポートで何を書いていいのかわかりませんが,関西CXシリーズ第5戦マイアミ浜のC2レースのレースレポートです.

  

リザルト

22位/55人(40%) +3:33 

手元のラップタイム 8:25, 8:19, 8:17, 8:14, 8:35 

 

機材

フレーム;Focus Mares 9.8

前輪;IRC Serac CX 1.8bar

後輪;Vittoria Terreno Mix TU 1.8bar

試走

前日の試走ではまだ砂も踏み荒らされてなく,砂セクションを比較的イージーに乗車でクリアできたが,どうせ日曜には砂が掘り返されて乗りにくくなっているんだろうなと思い,コースを覚えて砂の感覚を取り戻すことに集中した.

当日昼試走は午前のレースで担いだ人が多かったこともあり砂はふかふか,ラインもできてないので前日試走ほど乗れないにしても,ピット前と湖岸終わりのステップ以外は乗車できたので砂に対して持っていたポジティブなイメージが確かなことを確認した.レースでの目標はシングルリザルトをとり,部の先輩であるところの戸上さんにも勝つことに設定した.

レースレポート

ゼッケン番号は33番で5列目スタート相当だったが,DNSが多かったのか3列目の真ん中を獲得.コーラを飲んで30秒前のコールを受け準備するが,コールからまもなく号砲.完全に出遅れた.

1周目はただでさえ混むのにスタートミスもしたので降りるところは降りて担いで抜いていく.戸上さんがすぐ前に見えたので意外といいのかも...と思っていたが後から聞けばスポークが折れてたらしい.戸上さんが見えて安心してしまったがちゃんと踏めば良かった.

2周目に入ってからは踏みすぎないことを意識し,舗装路ストレートで立命館大の選手に抜かれた時も無理に踏まなかった.そうこうしているとスペアバイクに乗り換えた戸上さんが追いついてきてビビる.戸上さんの後ろでお勉強させていただくが,明らかにコーナーでの倒し込みが自分よりも深い.

f:id:Kitayamasugi-Racing:20201211141827j:plain

夢のKUCCパック (Photo by りっつさん)

最終周も戸上さんの真後ろにつき,前に出てみたりするがすぐに抜き返される.粘れば勝てるかななんて思っていたが,松林の砂セクションで後ろから別の選手が担いで入ってきて降車,戸上さんとの差が開く.その後もエリートコース前の砂の右コーナーで埋まった木の根(?)に引っかかりさらに遅れ,数人に抜かれる.もったいない...  さらにエリートコース直後に前を走る龍谷大の選手が前転.巻き込まれまいとブレーキングしてしまった.そのまま前の選手を抜けずゴール.蓋を開けてみれば最終周の戸上さんのラップタイムとの差は30秒強,間には7人も入っていて最後のミスの大きさを痛感した.

反省

悪いことはいくらでも出てくるがとりあえず3点.

  • 疲れてきてから,降車した際にプッシングばかりだったが担いだほうが動きの自由度が大きくなり速く走れたはず.レース中,頭でわかっていてもなかなかできることじゃないと思うけど...
  • レース1時間半前に食べたカレーとスタート前に飲んだコーラが2周目終わりから戻りかけて全然動かなかった.食事のタイミングが悪すぎた.
  • 初のC2だったマキノでもそうだったが,最終周上げていこうと思っても集中力を欠き大小のミスでタイムロスして抜かれてしまった.逆に周りはラップタイムを上げているのでサクサク抜かれちゃう.伸びた分の10分に対応していきたい.

良かったことは1つ

  • 砂がよく乗れた.去年のWNP遠征でも感じたが明らかに同じくらいのレベルで走ってる選手に比べて砂が乗れる.

f:id:Kitayamasugi-Racing:20201211143430j:plain

蓋しちゃってんのかな (Photo by Marcos K)

最後に

C2に昇格してからあきらかにシクロクロス競技が楽しい.同時に少し冷静に走れてるのかチームメイトの応援にも反応できる(ような気がする).後輩や同期も応援に来てくれて一時は13位くらいまで上がっただけに最後までいいところを見せたかった.

来週からは美山,信太山とテクニカルなコースが続くがシングルリザルトを狙っていきたい.